僕が料理人へ情報発信をしている理由


こんにちは。えいです。

今日は
「僕が料理人へ情報発信をしている理由」
についてお話しようと思います。


僕は
Twitterやブログ、メルマガを中心に

料理人にとって有益になる内容を心掛けて
本気で情報発信をしています。

ですが、
「なぜ?」
と思う方多いと思います(笑)


理由は、

「料理人がそれぞれ最適な
料理との関わり方をみつけて
"料理"を楽しむ人生を送って欲しい」

という想いがあるからです。


料理人時代、
キャリアのゴールは
「お店を持つこと」
その一本道だと思っていました。


批判覚悟で言いますが、

僕は

「料理を趣味にしてもいい」

と思うんです。

普通に生活ができる
お金と時間があって、

その中に「料理」があって
それで幸せなら
料理人にこだわる必要
ないのではないかと。

多くの料理人は
「料理が好きだから」
料理人になったと思います。


"好き"と思える気持ちって
本当に尊いです。

人生を豊かにするものだし、
神様が与えてくれたカードの
ようなもので、

先天的に好きなものって
そういくつもないですから。

その気持ちが
"嫌い"になってしまうのって

人生として
物凄く大きな損失だと思うんです。


だから嫌いになるくらいなら
料理人を辞めても
僕は良いと思います。


僕のように、
一度料理人を辞めて
サラリーマンになったとしても

結局、料理が好き過ぎて、
出張料理人として
帰ってくるパターンも
ありますし(笑)


嫌いにならなければ
いくらでもやり直しできます。

誰にも相談できず悩んでいる料理人が多い


先日こんなツイートをしました。

このツイート後
数名からDM頂いて、
人生相談させて頂きました。


話を聞いている中で
「誰にも相談できなくて
貯め込んでいる人多いんだなぁ」
と思いました。

僕も当時全く一緒だったので
良くわかりますし、
しょうがないと思います。

僕は料理人として挫折し、
料理人を辞めました。

「せっかく専門学校まで行ったのに・・」
「もう人生終わった・・・」
「底辺で生きるしかないんだ・・」

当時はそんな
極度の自己否定に苛まれていました。

プライドも高く、
料理業界は辞めた人間への
風当たりが強いので


誰にも相談できず苦しんでいました。

小さいころから
料理人以外の選択肢を
考えたことがなかったので


本当に途方に暮れていました。

しかし、幸いにも
当時第二新卒という
年齢だったこともあり


勇気を出して
転職を決意しました。


今考えると、
ここで転職して本当に良かったです。

何故かというと
"視野が広がったから"
です。

サラリーマンになって、


普通に生活するために
仕事していいんだと。

そして
「料理って仕事にしなくても
一生続けられるんだ」

そんな当たり前のことを
知りました。

料理との関わり方は自由自在に決められる

料理と関わるパーセンテージは
自分で決められます。

僕はそのパーセンテージを
10年間模索し続けました。


僕の経歴は新卒で
フランス料理店に入社し、
4年修行。

そこでレシピ開発が大好きで
120種開発しました。



その後、レシピ開発の経験を活かして
営業(サラリーマン)になり、

飲食店へ営業をしつつ、
高級弁当の商品開発をする業務に従事。



ここでは飲食店の多忙さが
身に染みていたので(笑)

同じ目線で
提案営業出来ていたと思います。


また、レシピ開発に関しても、
料理経験がない他のサラリーマンでは
分からないオペレーションまで加味して
提案出来ていました。


例えば、玉子焼きは弁当の定番ですが、

「"だし巻き卵"を弁当に入れましょう!
毎日100人前!」


となったらもの凄く大変なのって
分からないんですよね(笑)



僕の場合は、
大型のバットに卵液を敷いて
オーブンで一気に焼いて抜く
手法で提案していました。



その他にも原価も加味して、
メインの食材にお金をかけて、

副菜は低コストで見栄えがする
おかずにしたりと
二人三脚で商品開発をしていました。



飲食店が苦しんで作っていたら
そのひづみはいつか
必ず返ってくるので

お店も楽でお客さんも喜ぶ
美味しい弁当を作って
3方良しを目指していました。


その後、フリーランスになり
出張料理人をやったり、


雇用形態や
料理との関わり方を
模索し続けて今があります。


このように、
料理人の経験や目線を
活かして他の業種へ転身することは
可能です。


なので、

料理人のように
生活の全てを料理で埋め尽くす(100%)
働き方もあれば、



完全に料理と関係のない仕事(0%)
に就いて趣味で料理をする
選択肢もあります。



料理に携わる仕事に就いて
今までの経験を活かす選択肢もあります。
(50%くらいでしょうか笑)



また、関係ない仕事に就きながら
今まで得てきた知識や技術を発信して
副業をする事も出来ます。


そして副業が軌道に乗ってきたら
フリーランスで料理と関わる
こともできます。



もちろん全てにおいて
努力は必要ですし、


お金をもらう以上
辛いこともあります。




でも選択肢がないから
苦しんでいる料理人が凄く多いと
感じたので、


まずは選択肢を模索するだけでも
楽になるのかなと思います。

料理人として生きていくことも素晴らしい

誤解がないように言いたいのは

調理場に立って料理を作るのが
好きで好きでたまらない人は

是非、
料理人を続けることを
推奨します。

そして心から応援します。

料理人って本当に奥深く、
人を幸せに出来る
素晴らしい職業であると思います。


しかし料理業界は
その反面


・重労働
・低賃金
・休みが取れない
・理不尽な縦社会

が基本的にセットでついてきます。

今、料理人として仕事をしていて、
将来に不安を覚えるのも無理はないです。

でも
「これらの事情」と
「料理が好きだ」という気持ち
を天秤にかけて

それでも
「料理人がやりたい!」

そう思えるのは「才能」です。
素晴らしいことです。

そういう方を心から尊敬しますし、

僕は
これまでの経験や
webの力を活用して、

現頑張っている料理人を
バックアップしていく所存です。


なのでそういった方々に対しても

・気づきになるような事
・辛くても前を向いて仕事に取り組む考え方

などの情報もツイートしています。



「料理人」と一口に言っても
状況が様々なので、

それぞれの状況に適した形で
力になりたいと思います。

まとめ

まとめると、

①料理人として将来に悩んでいる人の
 選択肢を広げるサポートがしたい

②料理を極める人のバックアップがしたい

主にこれらを実現したい想いから
情報発信をしています。


料理人には
とにかく時間がないです。


だから時間のない
皆様に代わって

僕が有益な情報をかき集め
分かりやすく伝える立場で
い続けたいと思います!


そして

各々「コレだ!」という
料理との関り方を見つけて
人生を楽しんで欲しい。


というのが願いです。


元料理人の中でも

・料理人の経験(超ブラック現場)
・営業の経験(基礎ビジネススキル等)
・エンジニアの経験(プログラミング)
・フリーランスの経験(イベント企画運営/webページ制作/動画編集)

をしている人は中々いないと思うので(笑)



その経験を活かして、
1人でも多くの料理人の手助け
夢を叶える手伝いができたらと
思っています。



今頑張っている料理人を
これからも応援していきます。

ではでは!

料理の関連記事
  • 過去事例/作品紹介
  • 【隠れ優秀食材】「お茶」料理活用法を徹底分析
  • 【元代理店営業マンが語る】飲食店の副収入になる高級製薬弁当業界
  • 僕が料理人へ情報発信をしている理由
  • 【料理人の副業に最適】出張料理人とは?
おすすめの記事